本 Archive

それは神の生誕の日――西脇順三郎「天気」

ぶっちゃけた話、ネタに困ると短くて手ごろな詩の話題を取り上げているというだけなのでまったく詩について審美眼も教養も持ち合わせていないのですが、今日もネタがないので短い詩を紹介します。近現代詩警察の方はどうかなにとぞご容赦 […]

名詩選を読もう

今回は各国の詩を集めた岩波文庫の「名詩選」を読もうよ、という記事です。 昔の名詩を読む…というとなんか小難しそう、ハイソっぽくて嫌、などなど、難色を示す皆さんの顔がありありと思い浮かぶのですが、でも普通に小説読んでカッコ […]

『山の音』の菊子が好きだ、という話

川端康成著『山の音』に登場する菊子が好きだ。そして菊子の喋る美しい日本語が好きだ。 どれくらい美しいかというと、あの齋藤孝氏も「菊子にはまりました」と言うほどだからただおれが気に入っているだけじゃないということは分かって […]

シベリアでもがいた男

木曜日担当のくろさわです。普段はサラリーをもらって暮らしております。 書く記事の分野は、おそらく飲食関係や読書関係の記事が大半になるかと思います。本当は飲食関係の記事を書く予定だったのですが、いろいろとうまくはかどらず、 […]