今だからこそ観て欲しいあのアニメ 〜TV版『サクラ大戦』編〜


TVアニメ版『サクラ大戦』、今だからこそ観てほしいアニメだ。本当に。

はっきり言ってTVアニメ版サクラ大戦、通称『サクラ大戦TV』サクラファンからめちゃくちゃ評価が低い。そしてサクラ大戦ファン以外はわざわざサクラ大戦のテレビアニメなんて観ないので、今となってはすっかり歴史に葬られてしまった。

そもそも、何故そんなにも評価が低いのか。それは「暗い」からである。

原作であるゲーム版『サクラ大戦』の発表は1996年。脚本は『VS騎士ラムネ&40炎』『セイバーマリオネットJ』といった当時の人気アニメ原作を手掛けていた作家あかほりさとる氏であり、今にしてみるといかにも90年代的な熱血&笑いが前面に押し出されていた作品だった。

しかしそれに対してTVアニメ版。全体的にシックな色味、やけにグロテスクな敵、基本敵に圧倒されっぱなしの光武、原作と違い端役で頼りない大神、ギスギスしっぱなしの華撃団メンバー、果ては原作とは打って変わってほとんど自閉症のようになってしまったアイリスなどなど…世界観、キャラクターの性格が原作と比べてダークでシリアスな印象になっている。特に主人公が大神からさくらになったこと、何より原作のメイン要素であった大神とヒロインの恋愛描写も一切なしという改変は、それはもう大半のファンからは今でも不評である。

原作から考えると信じられないくらい暗いアイリス。

しかし、どうだろう。今にして思うとTVアニメ版のスタッフはゲーム版『サクラ大戦』の強烈な”90年代感”(派手なキャラクターやコテコテのコメディ要素のこと。だと思う。)を抑え、あくまでも「帝國華撃団 VS 降魔」のスチームパンク・怪奇アクションアニメとしてやり切ったのではないだろうか。暗がりの帝都で得体の知れない魔物と相対する(若干ポンコツっぽい)光武の画は今見ても興奮するし、恋愛要素を除いたことで直球で爽やかなキャラの交流・成長物語になっていると言える。原作の持っていた明るい雰囲気の良さを損なってしまっていることは否定できないが、TVアニメ版はサクラ大戦の元ネタになったとも言える荒俣宏氏の小説『帝都物語』のダークな雰囲気を踏襲した、ある意味”オリジナルのイメージに近いサクラ大戦”とも言えなくない気がする(脚本のあかほりさとる氏は最初期の段階で『帝都物語』をイメージしていたとインタビューで語っている)。その一点において、私はこの『サクラ大戦TV』を評価し続けたいくらいだ。

OPでサクラが袴姿のまま光武から半身を乗り出し帝都を駆けるカットは、TVアニメ版のイメージを表した素晴らしいカットだ。惜しむらくは作中にはこのシーンが一切なかったことか。

サクラ大戦の元ネタとも言える『帝都物語』の映画。非常にオカルトな印象が強い。

あと作画も良かったように思う。恐らく全サクラ大戦アニメ中最も原案の藤島康介氏、あるいはデザイナーの松原秀典氏のイメージに近い画で、全編通して高いクオリティを保っていた。何より対降魔部隊時代のあやめさんが異常に可愛い。これはTVアニメ版サクラ大戦において非常に重要なことだ。個人的に。

対降魔部隊時代のあやめさん可愛い…対降魔部隊時代のあやめさん可愛くない??

そんな『サクラ大戦TV』全25話、新年最初の懐かしアニメ鑑賞に是非ともどうだろうか。ダメか。