【DIY】テーブルサイズのタロットクロスを作る


最近タロットカードを買いました。ポケットサイズです。

20161227-00

とりあえず大アルカナを覚えて……なんていうふうにちまちまとタロット学習を続けていましたが、まずは形を作るのが重要ではないかと思いたって、手始めにタロットをするときに敷く布、タロットクロスを用意するべく探し始めました。すると見つかったのが

ひよこ豆オリジナルタロットクロス (リンク

ちょうどサイズ的にも欲しかった50×50サイズがあり、しかも裏面にすべり止めもあるというかなり完璧なものだったのでオーダーメイドを頼んでみようかと思ったのですが、製作者のブログをたどったところ、ざっくりとですが作り方を載せている記事を見つけました。ここである考えが浮かびます。

(生地と裏地のすべり止め布を買って、カットしたあと両面接着芯でくっつけて、端を縫うだけだったら自分でもできそうだな……安く上がりそうだし……)

悪い癖だと思うのですが、なんでもかんでも自分でやってみようとするところがあります。ということで作っていきましょう。

 

▼ 材料

20161227-01

・別珍(1m@1700円
・すべり止めつき布(400円
・両面接着芯(値段忘れました。たしか500円くらい
・糸

左が別珍で右がすべり止めの布です。
タロットクロスに使用する布に関しては「クラッシュベロアがいい」「別珍が」「好きな柄でインスピレーションを」などといろいろ情報があったので実際に手芸店に行って実物を見て判断した結果、多少値が張りましたが別珍になりました。
クラッシュベロアをオススメする声が多いようだったので検討したところ、毛足が長くて光の反射も面白かったのですが生地が柔らかすぎて作るときに取り回しが大変そうだったという理由でボツ。

すべり止めつき布ですが、実店舗を見ても見当たらなかったので仕方なくネットで買いました。向こうが透けるくらいの薄手なものです。別珍もネットで買えばもっと安く上がったかもしれない。

 

▼ 切る・貼る

用意ができたので作ります。

今回は50×50のものを作るので、表生地は縫い代を合わせて53×53でカットします。
接着芯とすべり止め布は50×50でそれぞれカット。

ここで作業中の画像を用意しようと思っていたのですが、裁断をミスると取り返しがつかないので慎重に作業していたら撮るのを忘れました。
自分で使うだけなので厳密な大きさにこだわらず気持ち大きめに切った覚えがあります。よくあるパターンとして大は小を兼ねる理論があります。

20161227-02

切って貼って端に折り目をつける、まで進めた画像になります。

20161227-03

布の端はこんな感じでポロンポロンほつれているので、このあと三つ折りにして処理していきます。
参考例にしたブログ記事では四隅を額縁縫いにしていたようですが、切って貼った時点で少しずつDIYに至った判断を後悔しはじめているので、かんたんに普通に重ねて縫う感じでやっつけてしまいます。

 

▼ 縫う

今まで黙っていましたが、ミシンがありません。

なにを言っているのかと思われるかもしれませんが、ミシンがないので手縫いで処理していきます。なぜ自分で作れると思ったのでしょうか、不思議ですね。裁縫するのも小学校の家庭科以来ですのでぶっつけ本番です。

強度と面倒くささを秤にかけて、半返し縫いで縫っていくことにしました。詳しくはリンク先を見てください。作業中の画像はありません。なぜなら面倒だったわりに死ぬほど地味だからです。白鳥は水面で優雅に浮かびながらも、水面下では必死にもがいています。

20161227-04

完成しました。添毛素材なので光の当て方で印象が変わります。

2日に分けてのんびり縫いました。ミシンがあれば50倍くらいの早さで終わったはずだとは思いますが、初心者ゆえ逆に取り返しのつかない自体になっていたかもしれないので、修正の効きやすく細かいところに目をつぶれば根性でなんとかなる手縫いでよかった気もします。

20161227-05

かなりガタガタの縫い跡が見えますが、見せたいのはそれではなく裏地のすべり止めの様子です。けっこうしっかり効いてくれるので狙い通り。
いまさらですがなぜすべり止めをつけるのかというと、タロットを混ぜるときにけっこう派手にぐるぐるかき混ぜるのでテーブル全体を覆うようなサイズでないとズレてしまうからです。ネットを調べると「ズレないようでは混ぜが足りない」などの記述も見られちょっとおもしろかった。体育会系っぽい。

20161227-06

タロットを並べてみた様子です。よく使われる「ケルト十字」という配置です。覚え途中であまりよくわかっていないのでサイズ比較用に並べただけなので特に意味はありません。

画像のカードはポケットサイズ(5.7×8.9)なのでだいぶ余裕がありますが、ノーマルサイズ(7×12)でも縦に4枚並べられる広さがあります。

 

▼ まとめ

まとめもクソもないんですがとりあえず記事を〆るためにまとめると

  • ぶっつけ本番でやると裁断をミスる(一回ミスった
  • 画が地味なので記事向きではない
  • 裁縫に集中していると心が無になる

の三点になります。トライがあり、学びがあります。手作りなので念がこもっている(?)ような気もします。

来年もいろいろトライしていこうと思います。よろしくお願いします。

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

Tags: