【日記】2016上半期いろんなところに行ったのでまとめて紹介したい

ここ数年旅行好きな友人のおかげで日帰りや一泊二日くらいの日程で旅行に行くことが増えているのですが、2016年上半期も3月くらいからほぼ無職状態でめちゃくちゃヒマだったのでいろいろなところに行きました。見返したらけっこうな量があったのでまとめます。ついでに紹介もします。

 

3月 埼玉県行田 さきたま古墳公園(埼玉古墳群)

埼玉県は古墳がめちゃくちゃ多い。wikipediaを参照するとわかるんですがまぁ多い。4500基以上あるらしい。その古墳クラスタのトップみたいなところがこのさきたま古墳公園です。

2016062901(引用:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/?page_id=157

この上から見た写真でわかるようにみなさんが普通に思い描いている前方後円墳がデデンとあるので満足度が高い。キン肉マンだったらどこに鍵を挿せば磁気嵐が止まるのかわからないんじゃないのっていう感じで前方後円墳が並んでます。「埼玉の古墳?しょせん埼玉でしょ~?」となかばナメて臨むと思うんですが(個人差があります)、期待を良い具合に上回ったくらいの広さと大きさで迎えてくれます。

2016062902地上から見てもけっこうなサイズ感と後年復元したものとはいえキレイな前方後円墳が見られます。出土品も多く出ていて、博物館にはかわいい埴輪や国宝「金錯銘鉄剣」が飾られています。

2016062903かわいい

さて旅行といえばだいたい食べ物目当てなので食べたものもザッと書き出しましょう。基本的に食べ物の写真を撮らない人間なので美味しそうな写真はいっさいありません。

公園正面にある「元祖田舎っぺうどん」は武蔵野うどんの人気店で、ぶっというどんをわっしわし食えます。
公園から少し歩くと埼玉県北名物「いがまんじゅう」が売っている和菓子屋さんがありました。甘くておいしい。
行田といえば「ゼリーフライ」も有名なので少し足を伸ばして行田市街で食べていきました。

 

3月 南房総道の駅巡りwith秘境ラーメン

房総半島は道の駅が多い。車で旅に連れて行ってもらうときは道の駅をチェックポイント的に設定することが多いのですが、房総の道の駅はけっこう個性が強くそこを観光のウリにしているみたいだったのでいくつか回ってみることにしました。以下行ったところ。

漁協直営食堂ばんや
道の駅ではないんですがほぼ道の駅状態でめちゃくちゃ美味しい海産物が食えます。下記の保田小学校からも近いのでぜひあわせて行きたいポイント。美味い。

道の駅 保田小学校
2016062904廃校になった小学校を利用して作った施設です。去年の12月にオープンしたばかりなのでテレビで紹介されることも多く見たことがある方もいるかと思われます。
雰囲気が良いですね。画像のとおり田舎の小学校なのでその空気を味わえますし、小さい椅子や机をうまく利用したこまかいディテールもよく考えられてるなぁと思いました。予約すればお泊りもできるらしいので興味のある方はどうでしょう。

道の駅富楽里とみやま ハイウェイオアシス富楽里
ものすごい食わせてくるスポットでした。
二階に食事処がいくつかあるんですが、そこにふたつ並んだお惣菜屋さんの軒先にズラッと並んだお惣菜の数々!温かいつみれ汁もいただけますし、いわし団子、さんが焼き、菜の花の天ぷら、房総の海の幸山の幸をこれでもかと暴力的に見せつけてくるので食わざるをえない状態になります。
あまりに圧倒されてむしゃむしゃ食ってたのでまったく写真が残っていないのが残念ですが、とにかく美味いのでぜひ行ってみてほしい道の駅です。

道の駅とみうら 枇杷倶楽部
2016062905びわをフィーチャーした道の駅。
びわだけではなく道の駅すぐ裏に広大な菜の花畑が広がっており、季節もあいまっていい景色を見ることができました。
アニメ『アイカツ!』では#24「エンジョイオフタイム」、#75「アゲインオフタイム」で菜の花がバァっと広がっている田舎に遊びにくるシーンがあるのですが、おそらくこういう千葉の田舎に来ていたんじゃあないかなと思います。うんうん、それもまたアイカツだね。

アリランラーメン 八平
2016062906ということで目的地の千葉の秘境ラーメン店です。山の中をひたすら走ってようやく着いたラーメン屋。
ラーメンマニアはまぁふしぎなものでこういうマニアックなところに店を構えてるとそれでステータスになるもんなのでこれも一種の観光地ですね。味はもちろんちゃんとおいしいんですが、やっぱり記念的なものを感じちゃいました。

房総半島まとめ。海の幸と山の幸が両方味わえるのでつよい。

 

4月 高尾山

2016062907 2016062908ヤマノススメ。登って降りました。

帰りに寄った「月見湯温泉」とその近くにあるたいやき屋「たつみや」もとっても良かったです。

 

4月 飯能~ムーミン谷

高尾山に行ったのでヤマノススメの機運が高まって飯能にも行きました。ちょうど飯能中央公園では「飯能さくらまつり」をやっていたので桜がとってもきれいでした。屋台で食べた「飯能すいーとん」というご当地B級グルメが美味しい。

飯能中央公園のすぐ近くにあるコンビニ「タイムズマート飯能店」はヤマノススメコーナーを用意するなど気合の入れたヤマノススメ。
2016062909公園で桜を楽しんで、その後はヤマノススメ巡礼で天覧山~多峰主山ルートの登山。天覧山はまぁ女子高生がさくっとハイキング気分で下校途中に登るのはわかるんですが、多峰主山はちょっと疲れがきましたね。

さておなじく飯能市には「あけぼの子どもの森公園」という「ムーミン」の世界観をモチーフにした公園があります。
2016062910(引用:http://www.go2park.net/parks/moominvalley.html)

そこまでの広さはないのですが、建物はもちろん、植えてある樹木も北欧を意識したものが配置されていて完成度が高いです。上記画像奥にある「ムーミン屋敷」は内部がちょっとした迷路のように入り組んだ多層構造になっていて、子どもたちがとても楽しそうに探検していたのが印象的でした。
かなり癒やされるスポット。

 

5月 榛名山~猪苗代湖~あぶくま洞

山登りの機運が続いていたので榛名山へ。
2016062911快晴。時間の都合や諸々考えて、登りはロープウェイで、下りは足で、ということにしました。
下りの途中で登ってくる課外学習の小学生とすれ違いましたが小学生でも登れるくらいの高さで、だいたい30~40分くらいで下ったような覚えがあります。道はあるにはあるんですがあまり整備はされていないけっこう険しい山道なのでちょうど良い運動になります。

榛名神社にもお参りし、参道にある「おとうふや」で昼食。揚げ出し豆腐がサクサクふわふわで美味い。

ここからなんとなく福島県に向けて移動しますが、途中でオートレストランに寄ったりします。
オートレストランとはなんぞやというと、うどんやラーメンの自販機が置いてある自販機コーナーのことです。レトロ自販機なんていう呼び方もあるみたいです。
2016062912 2016062913山のなかの道路わきに突然出現する怪しい建屋に食べ物の自販機が並んでいます。
うどん・ラーメンはたしか神宮球場近くにあったような気がしますが、トーストの自販機は珍しいはず。
2016062914ハムサンドトースト。見た目も美味しそう。実際美味しい。200円。

寄り道しつつ福島に着いたので名物のソースカツ丼を食べます。
「ラーメンまりちゃん」です。ラーメンですが、ソースカツ丼が名物です。ラーメンも美味しそうでした。

二日目は「あぶくま洞」へ行きました。鍾乳洞です。
2016062915デカい、広い、涼しい、たのしい。暑い夏にはピッタリのスポットでは。電車だと駅からタクシーしか選択肢がない、というのだけがネック。ただめっちゃたのしいです。

 

6月 関内

2016062916 2016062917横浜スタジアムに行くついでに赤レンガ倉庫など観光しました。ラーメン二郎関内店を昼と夜で食いました。

 

6月 町田リス園

2016062918「ねえ>>1さん。ふふっ呼んでみただけ」のAAみたいな看板

ちょっとマイナーかもしれませんがかなり楽しいふれあいスポットでした。
町田リス園、広さはありませんがなにがすごいかというと、リスが放し飼いになっているふれあいスペースがあるところです。ウサギとかみたいにケージの中で適当にふれあえるアレではなくガッツリ放し飼いです。

2016062919近い!かわいい!たくさんいる!
2016062920
手からエサを食べてくれる!ふれあい!でも近くでよく見るとケモノっぽさが際立ってちょっとアレだ!

2016062921手懐ければ背中にも乗ってくれる!
閉園まぎわに行ったのでリスたちもあらかたエサをもらいきって食いつきの勢いはまぁまぁだったのですが、開園直後にふれあいスペースにエサを持って行くとリスたちが群がってきて大変なことになるらしい。
ともかくたのしい空間なのでオススメです。

 

6月 大洗~霞ヶ浦

ついに最近アニメ『ガールズ&パンツァー』を見たのとちょうどよく誘われたので行ってきました。
ガルパン聖地的な大洗の観光についてはすでにMOGAKUに記事が上がっており内容が重複するかと思われるので、省略します。
かわりに個人的に一番楽しかった「めんたいパーク大洗」について少し書きます。

2016062922
めんたいパーク大洗は大洗マリンタワーからすぐのところにある明太子テーマパークです。

入るとまず目につくのが明太子の試食。なんと明太子を三分の一くらいのサイズでぶつ切りにしたものがゴロゴロ転がってます。なんて太っ腹なんだめんたいパーク……
奥に進むと明太子がどうやって作られているのかを解説したコーナー。そのなかばには子ども向けのタッチパネルで操作できるゲームなどが用意されています。「明太子パネル神経衰弱」は二人対戦もできるため大人同士でも白熱できるすばらしいテーマパークです。

そして直売のフードコーナーでは中身がぎっしりつまった明太子のおにぎりが待ち構えています。これが美味い……地元ナンバーの車からおじいさんおばあさんが訪ねている様子が見られましたが、たしかにこれが地元にあったら週一でこのおにぎり食いにくるわ……めっちゃ美味い……

というわけでガルパン聖地巡礼に来たらめんたいパークには確実に行ったほうが良いです。めんたいパーク大洗はいいぞ。

 

大洗をあとにし、鹿島神宮を参拝しつつ霞ヶ浦にも向かいます。付近にお弁当の自販機があるということで訪れました。
2016062923「あらいやオートコーナー」です。

2016062924 2016062925正直言って不安しか覚えない機械の面構えですが、夕方の時間帯には次々と地元民がお弁当を買いにきています。
日替わりでお弁当の種類が変わるそうですが、この日は「やきにく弁当」でした。300円。

2016062926ボタンを押すと一瞬で包み紙に包まれたお弁当が出てきます。温かい。そして開けてみると

2016062927美味そう。というか美味い。味が濃くてスイスイ箸が進む。これが300円なら近くに住んでたら3日にいっぺんは食うレベル。
たしかに地元民に愛される理由はよくわかるこのお弁当自販機。

いったいどういうシステムなのかふしぎに思っていたら、隣に住んでいるおばあさんが自販機の様子をチェックしに来ていたのでおそらくこの方が毎日お弁当を作ってこの自販機にセットしてるんでしょうね。ありがとうございます。美味しかったです。

 

 

ということで、2016年上半期にいろいろ行ったなかでとくに面白そうなところを紹介しました。
町田リス園がいちばんオススメです。ぜひ。

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

Tags: