女性声優×プロ野球=∞の可能性!『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』


女性声優がプロ野球の話をする…ただそれだけの、本当にそれ以上でもそれ以下でもない番組「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」

”松嵜麗と渡部優衣がベースボールをベースに人間として、女性として成長するためのラジオ番組”という趣旨らしいが、基本的には野球オタクがその日のチーム状況に一喜一憂している…ぶっちゃけ”野球大好き女性声優たちが野球の話をしているだけ”という、この世の極北みたいな番組なのだが「野球とアニメ(というか女性声優)が好き」という、どうしようもないオタクの心を掴んでいます。

そんなどうしようもないラジオの魅力とは果たしてなんなのか、今回はそんな話をヤバめのパーソナリティ紹介を中心にしていきたいと思います。

 

 

①松嵜麗

ba8f320a

「ちなヤクおばさんお姉さん」として声優ファンにはお馴染みの松嵜麗さん。

福岡県出身にも関わらず強烈な東京ヤクルトスワローズであり、全然関係ない現場でも唐突にスワローズの話をし始めるなかなかに厄介なオタクである。公式Twitterもツイートのほとんどがスワローズの試合実況、リツイートもアニメ関係よりスワローズ公式アカウントの方が明らかに多いという、正直ただの野球民垢と化している。

TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」のOPテーマ「Star!!」の宣伝では「スターといえば…やはりヤクルトスワローズでしたら…山田哲人くんですかねぇ(恍惚)」と、なんの前触れもなくスワローズの山田哲人選手(1)の話を始める強烈さである(動画参照)。

球場にもかなり頻繁に出没しているらしくTwitterプロフィールの居住地は「神宮球場1塁側外野自由席」(2)となっている。スワローズが優勝マジックを1とした広島戦(スクリーンでインタビューを受けていた)、及び次の阪神戦(優勝戦)にはどちらもいた。この人本当に仕事してるのだろうか。

挙句スワローズ14年ぶりの出場となった日本シリーズではTV中継で応援姿をすっぱ抜かれるという珍事まで起こり、一部の人たちがざわついていた。

d7e5d5fe

また2016年春のキャンプロケ回では”最も好きな選手”と公言する高津投手(現コーチ)にインタビューし、サインを貰ったことにガチ泣きしていた(なぜか渡部優衣さんももらい泣きしていた)。

↑松嵜麗さんとヤクルト真中監督のインタビューが掲載された本。

(1)15年シーズンにトリプルスリー&初の本塁打王・盗塁王同時獲得&初の日本シリーズ3打席連続ホームランを達成したスワローズの若きスター選手。番組でもインタビューをしていた。

(2)神宮球場はスワローズの本拠地。1塁側外野席はホーム球団の応援席である

②阪神さん

JzaxA

通名は渡部優衣。阪神タイガースと桧山進次郎(3)をこよなく愛する人。愛し過ぎて名前まで阪神になってしまった。

桧山進次郎の話をしているときはやたら乙女な顔になる、番組内でインタビューをしたタイガース今成選手には謎の彼氏面をするなど女の子らしい(?)一面も。

収録にも恐らく自前であろう阪神タイガースの縦縞ツナギに、阪神ファンにありがちなやたらデカイメガホンという、阪神ファンとしては100点満点の出で立ちで登場する。阪神電車でなら違和感のない格好だ。

AbemaTVで放送された「お願い!ランキング」に出演した際には「2013年クライマックスシリーズ1stステージで現役最終打席にホームランを打ちグラウンドを回る桧山進次郎の顔」という、あまりにもマニアックなモノマネを披露していた。

(3)代打の神様。渡部優衣さんの大のお気に入り。
③優木かなさん(神)

俺が一番推してるホムラジ声優は優木かなさんなわけですが、まあ単純に見た目が好みとか、見た目が可愛いとか、あるんですけど、何よりあの喋ることに貪欲なギラギラした感じがね、いいんですよ。

あ、優木かなさんは埼玉西武ライオンズファンです。ライオンズのグッズは女性が着ると妙に可愛い。素晴らしい。

しかし「常勝軍団」とか呼ばれてたライオンズも今は昔、最近では荒い打撃と荒い守備が持ち味の打線と、大きく燃え上がる投手陣(主に中継ぎ)を擁し(4)、AクラスとBクラスをウロウロしている。

16年4月22日に行われた対楽天戦(西武プリンス)では2点リードで迎えた9回表に守備のミスから続々と失点を許し、結果7−8で敗戦してしまう衝撃的な負け方をしてしまった。試合を現地で観戦していた優木かなさんもあまりのショックに思わずネコになってしまったのだった。

(4)通称「俺達」。由来は謎。
④ワグの人


永野愛理さん。天才・山本寛監督が生んだ仙台を舞台とした国民的アニメ『Wake Up Girls!』でデビューした人であり、本人も地元宮城出身ということ楽天ファンらしい。ただちょこちょこ「本当は巨人ファンなのでは…」と思われる節がある(Wake Up Girlsのライブイベントで行われた謎のホームラン競争では楽天の選手ではなく巨人坂本の真似をしていた)。

またかなりの畜生で番組史上初のピー音が入ったり(何を言ったのかは未だに謎)、公開イベントでも畜生さを評され畜生メダルを獲得するなどその腹黒さの片鱗をみせている。

ちなみに優木かなさんと永野愛理さんはホームランラジオの箱番組として放送されていた「ホームランラジオ!パっとUP」(毎週月曜 22:30〜)というパリーグ専門の番組のパーソナリティをコンビでやっていて、人気があったのか現在は独立した番組として放送している。が、西武・楽天ともにチーム状況がアレであるため「Bクラスラジオ」という不名誉な呼ばれ方をしていたり、放送も推し球団の自虐ネタの応酬であったりとなんとも哀愁の漂う番組で非常にオススメである。

⑤立花理香

広島東洋カープとオリックスバファローズのファンという、なんとも胃の痛くなりそうな選択をしている人。声優としての仕事がないと「ただの様子がおかしい関西人」になってしまうところだったらしい、なんともアレな感じの人である。

なんJ民説がある。

⑥杜野まこ

東北楽天ゴールデンイーグルスと横浜DeNAベイスターズのファンという、もはや苦行としか思えない選択をしている人。声優というか本業はタレントらしいので美人で喋りがうまい。「りか&まこの文化放送ホームランラジオ! スタDON」という箱番を立花理香さんとともにやっているが、相方の人があれなのでなんとも安心する。


(左・杜野まこ、右・立花理香)

⑦藤田咲

俺たち福岡ソフトバンクホークスファン代表藤田咲。ホークスが優勝した際などにはハリーホーク(ホークスのマスコット)と共にブログを更新してくれるぐう聖(5)。が、甲高い鷹笑いでホークスの強さとともに他のパーソナリティを恐怖させている。

(5)「日本一になったばい!!」(藤田咲の電子庭園☆〜さっきぃのおはなばたけ〜 16/10/29)

⑧野中藍

福岡出身で結構なホークスファンらしい。特別編で一度だけ出てきてもつ鍋を食べて帰って行った。


(左・藤田咲、右・野中藍)

えーまあその他、沢山の野球オタクが出てくる愉快なラジオ番組です。

パーソナリティ紹介だけで大変な分量になってしまったので番組の内容は最早ここまでの雰囲気から察してほしいとしか言いようがないのですが、時々思い出したようにアイドルマスターの話をする以外は本当に野球の話しかしていない番組なので、野球ファン以外方が聴く事のハードルは正直やや高いしれません。

いや、でもですよ、好きなものの話を熱っぽくする女性ってなんとも魅力的じゃありませんか?!!?それが野球ともなれば尚更そうじゃありませんか?!!?

というわけで野球愛を語る女性声優を愛するラジオ、ホムラジの話(ほぼパーソナリティの紹介)でした。