福島県のお菓子《ままどおる/mamador》を都内で食べる

お久しぶりです。かそりんです。先日福島県から東京都に引っ越しをしてバタバタしていたのですが、ようやく落ち着きました。

しかしいざこうやって長年過ごしてきた地を離れると、多少寂しい気持ちはあります。

 

正直言うとものすごく寂しいですね。

 

ホームシックです。

 

誰か助けて。

 

うぅ……マ…………ママ……

 

 

 

 

ママ……ママ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……………………………………………………ママーーーーーーーーッ!!!!

というわけで今日は個人的なまとめも兼ねての、福島銘菓ままどおるの話です。

ままどおるとは!TVCMでお馴染み福島県は郡山市のお菓子メーカー三万石(さんまんごく)を代表する商品です。お饅頭のような構造で、皮はいわゆる月餅に似た少しかための皮。その中にはミルク風味の洋風餡がつまっている細長いお菓子です。チョコ味もあります。

基本的にはお茶やコーヒー紅茶などと一緒に食べるのが良いですが、個人的には牛乳がおすすめです。もう季節も冬ですし、あたためた牛乳とままどおるで忙しさの合間に一息つくのがいいですね。

変わり種として、ままどおるの天ぷらなんてのも郡山市のとある居酒屋さんで提供しています。

福島県ではもともと饅頭の天ぷらという不思議な食べ物がありまして、会津の強清水(こわしみず。弱清水と中清水はありません)という湧水が出るあたりのお茶屋さんで提供されている、相当にイカれたカロリーの食べ物です。饅頭の天ぷらは揚げたてをそのままいただくのも良いですが、他の天ぷらと同じように醤油をちょびっとつけて食べれば甘味がより引き立ちます。

ままどおるの天ぷらも同様ですが、こちらは皮も餡も密度が高く重めなので饅頭とはまた違った食感を楽しめる一品です。
ここまで書いてきてなんなんですが、福島県外でままどおるを購入できる店舗はかなり限られています。公式サイトによると県外高速道のSAPAでは、

・茨城県笠間市の友部SA(常磐自動車道)、笠間PA(北関東自動車道)、北茨城市の中郷SA(常磐)
・埼玉県久喜市の菖蒲PA(圏央道)、蓮田市の蓮田SA上り(東北自動車道)
・栃木県那須町の那須高原SA(東北)、宇都宮市の上河内SA上り(東北)

の7箇所です。

また都内では日本橋・新宿・千駄ヶ谷の百貨店や、八重洲・日本橋にある福島県の物産館で取り扱っています。

福島県にも住んでないし県外の店舗も近くにないよ~~~~という方は通販を利用しましょう。北海道から沖縄まで発送してくれるようです。

以上!福島銘菓ままどおるについてでした。他にも福島のおいしいお菓子はたくさんあるのでそのうち紹介したいですね~~~~~~。おわり。

かそりん

かそりん

趣味はマジック:ザ・ギャザリングと小説。好きなアニメはプリパラとマイリトルポニー。福島県から東京都に引っ越しました。
かそりん