ラッパー・山本希望について

最近一部の業界を賑わせていて、常に次の一手が気にかけられている存在、山本希望さんという女性についての話をします。
5fcfc889346060a2b335d5411f202dafeed708831409695390
彼女は数年前よりメディアに露出している女性声優であり、twitter・blogでの最近の言動で、どうやら割とコアなHIPHOPフリークであることが判明しています。
ライムスターからEMINEM、電波少女まで、幅広いアンテナを持っているようです。

男女比の問題から「女性がヒップホップに食いつくとすぐに舞い上がってしまう」という側面をもちあわせるヒップホップおじさんとしては最高にハッピーな事例なのですが、ここですぐに浮かれられるほど近年のハードルは低くないのです・・・

なにしろ、「キャップ女子」「スニーカー女子」「エグザイル」「高校生ラップ選手権」などなどの台頭により、以前よりはかなり市民権を得ているようにも見えるヒップホップ・日本語ラップですが、
反面、上辺だけを真似たファッションとしての扱われ方も激増しているので、迂闊に信用はできないのです。

例えるなら、空手の道着を着て立っている女性がいるとします。
そしてその人が手を前に突き出すとします。

そこに一見なんの違いもなくても、それがちゃんとした正拳突きなのか、ただのコスプレなのかは、わかっているひとが一目見ればわかることです。そして世の中の『それっぽい感じ』は大体がただのコスプレで、空手大好きおじさんはその都度がっかりするのが世の常です。
それと同じようなことが、ヒップホップの世界にも甚だ多くあり・・・

『このYO!YO!言ってる女はどれくらいわかっているのか、わかっていてほしいがどうせまたコスプレじゃないのか・・・』
などの葛藤が度々行われるのですが・・・

そんな思いのなかで恐る恐る独自の調査を進めた結果、なんと!

山本希望さんは!
その辺の女子とは!

違う理解度を持っている!!!!!

ということがわかりました!!!

あえて、言葉の定義がとても難しい単語をあえて使うとすれば彼女はすでに

「ラッパー」である

といっていいのではないでしょうか。少なくとも彼女は「ラップ」をしようとしています。

というわけで今回は「声優・山本希望はいかにしてラッパーなのか」という話をしたいと思います。
ちなみにめちゃくちゃ長いです。
ただ、ひとつひとつをよく読んでいただければ、彼女がラップをきちんと理解しているかがわかると思います。

特に、山本希望さんのファンで「ラップ(笑)」と思っている方に、彼女が彼女の趣味の分野で、どれだけちゃんとしているのかを、わかってあげていただきたい。
そのために今回、ラップを普段聞かない人にもできるだけわかりやすいように書かせていただきました。

また、自ずと普段我々ラップ聞きがどういう点を気にしながら聞いているのかもわかる内容になったと思います。


□山本希望さんのひととなりについて

不勉強なことに、山本希望さんが現在どのようなアニメやその他作品に出演されているかは、(僕はオタクではないので…)まったく知らないのですが、数年前偶然聞いていたラジオ「じょしらじ」を思い返す限り、「じょしらく」の主役級メインキャラを演じていた気がします。(ちなみに「じょしらく」にはストリートカルチャーの伝道師・南條愛乃さんも出演しています。マスト。)
d0151584_2104569-2
そしてそのラジオでは

「ゴリラが男性として好き。
ゴリラと付き合いたい。
ゴリラみたいな人間の男ではなくて
ゴリラと付き合いたい。」
という旨の主張を毎回延々繰り返していて、なかなかエキセントリックな女性だな・・・とは思っておりました。
しかし今になって思うと、もしかすると「G-UNIT的な男性が好み」ということだったのかもしれません。

またwikipediaを参照してプロフィールを見ると、1988年の8月9日生まれ。(現在26歳)
大々的にメディアに露出してきたのは2011年以降ということを考えると、すこし遅咲きのブレイクかもしれませんね。
また、青森県三沢市出身で、夢を追い上京してMICを掴んだということを考えると経歴からすでにHIPHOPを感じ取れます。
ちなみに、
青森と言えばI-DeA,U-WAY、青森と言えばSONOMIに(熊井)吾郎。また、バトルMCとして結果を残している25時の影絵など、僕も個人的に大ファンの方々を多く輩出しています。

ある意味伝説のバトル動画


□山本希望さんのリリック徹底分析

さて、実際に山本希望さんのどのあたりが正しいラップしているのか、それを最新のバースを参考に紐解いていこうと思います。

先に総評をさせていただきますと、彼女のラップは「メインストリームど真ん中」のそれと言えます。

近い音楽性のラッパーとしてはAKLO、SALU、KOHHなど、第一線で活躍する一流ラッパーなどが挙げられるほど、非常に整った最新型のラップを書いていると断言できます。

大抵こういう感じで女性がいきなりラップにカブれるとき「2015年にそれかよ!」というオールドスクールなスタイルに落ち着いてしまうのですが、彼女の場合そんなダサさは微塵もない、十分現代に通用するアップデートされたスタイルとなっております。

では実際に彼女のリリック(ラップの歌詞のことです)を見てみましょう。9月上旬時点での作品です。

お分かりいただけるでしょうか。
このリリックの妙を。

まず大きな前提として、彼女は「小節」を意識してこのリリックを書いています。
この点がそこらへんの有象無象ラップ被れ女子の「ちょっと韻踏んでみました?☆」的クソツイートとの一番の違いです。

このツイートはただの『韻踏みごっこ』や『似たことばポエム』ではなく、背景に4拍子のカラオケ(トラック)が鳴っているという前提で、「ラップ」として作られています。
文章そのものが音楽として成立しているのです。

武道やスポーツで言えば『構えからして違う』状態と言えるでしょう。

・・・

しかしここで少し気になるのは小節数です。
6小節。
通常ラップのリリックは8小節や12、16小節等4の倍数が基本で、6小節ラップはというのはあまり世の中に存在するものではありません・・・
だからといってこれが間違っているか?と言われればそんなことはなく、彼女はツイッターでの入力限界140文字を最大限に使い、そこで表現できるリリックを6小節と見極め、その小節数にラップを「合わせにいった」形跡が見られる・・・そんな絶妙な収まり方をしています。起承転結が6小節でぴったり完結しているのです。つまりこのツイートは、おそらく数セット書きためてあるリリックからチョイスして6小節に収まるように編集を加えたと思われる、ただただ純然とした「ラップのリリック」であると言えるのです。

このことから、 今回の記事では「1行目」「2行目」などのシャバい呼び方ではなく、
「1小節目」「2小節目」という区切り方をさせていただきます。


□1小節目

ビックなヒップでホップなNON!

まずは1小節目のリリックです。
1小節目はつまり開幕、初手、第一声の重要なスタート地点です。

第一声「ビック」(『BIG』のことだと思われるのでそういう解釈で進めます・・・)
これはそのままBIGであることのアピールですが、「BIG=かっこいい」という意識はまさにHIPHOPと言えます。
これは彼女がツイートで解説していた「エミネムマジファット(fat)」というスラングにもつながってくる価値観で、「大きい」「太い」「どっしりとしている」そういった形容詞はHIPHOPでは全てかっこいいという認識です。
つまり山本希望さんは第一声から「自分はHIPHOP的な意味でビッグだぜ」とアピールしているわけです。

このように「俺はすごいぞ!」「私はかっこいいぞ!」と自分からアピールしていく言動のことを、HIPHOPでは「セルフボースト(ボースティング)」と言い、ジャンル全体通して欠かせい、大きな要素の一つです。
HIPHOPの歌詞は、いかに自分がすごいかを誇示するものなのです。

そういう意味で、後述するこれ以降のリリックも、この「セルフボースト」を基本として書かれていますので、その辺りも注目してみてください。

第一声で相当文字数を使いましたが、
「ビックなヒップでホップなNON」
という小節全体に目を向けましょう。

「ビックなヒップ」
これは身体的特徴(やや自嘲的な表現かもしれません)ですね。また、ヒップをアピールするということで「女性」であることも表れています。
ラッパーは、これら「その人しか書けないこと(=オリジナルでリアル)」を書くことが前提としてあるので、身体的特徴や、地元、性別、実体験、名前などはどんどん盛り込んでいきます。

またそこから、つなげる形で
「ヒップでホップなNON」

「ヒップでホップ」とはもちろんHIPHOPのこと。
つまり、ここで『ビッグなHIP』→『HIP-HOP』と、言葉を分解させて繋げているわけですね。

このような同音異義語、掛詞=「ダブルミーニング」による言葉遊びもメインストリームラップに置いて重要な要素です。

また、当然のように細かく韻を踏んでいます。
『ビック』な『ヒップ』で《ホップ》な《NON》

歌い出ししょっぱなから脚韻ではなく頭韻を2セット踏んでくる女性が世の中に何人いるでしょうか。渋すぎます。
そしてこの言い回しはもしかしたらこの曲の影響もあるのかもしれません。


「swingしてbopしてhipしてhopだろ」

そして「NON」は、自分の名前。つまり名乗りです。

以前の記事でも書きましたが、HIPHOPの人はよく名乗ります。
しかし、「NON」は、彼女公式のMCネーム(MCのじょ)ではなく、wikipediaのアダ名一覧にもない呼称なので、おそらく彼女のごく身内やもしくは親族などに呼ばれる呼ばれ方ではないでしょうか。
そういう「身内 a.k.a.」(コンちゃん、こっちゃん、キーくん的なもの)をこの機に使ってくるというのも一つの玄人っぽさと言えます。

そんな名乗りを持って最初の自己紹介が完了するわけですが、開幕1小節を見ただけでもこのリリックが純HIPHOPな思考で書かれていることがわかります。


□2小節目

予測ができないビックらドン!

「予測ができない」ということもラッパーにとっては大事な要素です。
なにせ世界に何千人といるラッパーがみんなが同じようにラップしてライブをして曲を出しているわけなので、同業者との差別化を図らなくてはなりません。
予想がつかない「動き」をする。意外なアクションを起こし注目させる・・・というのはラッパーにとっては最大級の強さであり、それを自分で宣言するということは前述にある通り大きな「セルフボースティング」なのです。

9c9789d8550
「ずっと読めないやつだろAKLO」

また、ビックらドン!というフレーズは、もちろん前バースの「NON」との押韻であり、「ビックらドン!」は、過去実在したテレビ番組です。司会は横山やすし・きよし師匠。放送1977年。
images-3

彼女は再放送か何かで見て知っていたのかもしれませんが、そもそも意外性→驚き→びっくりを「びっくらドン! 」と表現することが、なかなかに世代を感じさせます。多分ゆいかおりではこのリリックは出てこないでしょう。

そういう世代感のアピールもやはりHIPHOP特有の書き方と言えます。


□3小節目?4小節目

今日の衣装はどうですか?
評価して?ライカ小西ドン

3小節目・4小節目はセットで解説します。

 

今日の衣装はどうですか?

今度は服装=ファッションについての言及ですが、これも実にメインストリームな切り口です。現代のラッパーはファッショニスタであることが求められます。
少し前までは、ニューエラ・XXLの服・スニーカーかティンバーランドブーツなどの「HIPHOP制服」的な服装以外のファッションの話はオカマ扱いされる向きもあったのですが、ここ数年で状況は一変しています。本場アメリカでASAP MOBらの影響でラッパーが普通のセレブと同じようにファッショナブルであるということが重要となりました。日本語ラップでも2010年以降、KOHHやJUNKMANIA周辺の影響もあり、服装やブランドに関してのリリックが増えています。
その流行りを忠実にリリックに落としているので、彼女のラップは少なくとも2010年代らしいフレッシュなものになっているのです。


「知らないうちにファッションアイコン」

 

 

評価して?

と、自分から言ってしまうのは少し日本人の感性からは遠いかもしれませんが、正当な評価=「PROPS」を得るということは、わずかなチャンスを足場にしていかなければいけないラッパーにとって、とても大事なことです。


「上がってって得るPROPS」

 

ライカ 小西ドン

小西ドン、つまりドン小西。
「ファッションについても、ラップについても、あのテレビの評論家みたく辛口に評価してみろ」というラインがこれにて完成です。
このように実在の著名人の名前を挙げるというのはやはり近年重要なテクニック、「ネームドロップ」と呼ばれる手法です。

このネームドロップですがそれだけでも一記事書けてしまうくらい色々な意味があります。
名指しで悪口を言えばDISS(攻撃)に、若手の名前を出せばフックアップ(名前を引き上げる行為)になり、また、誰もが知っている著名人の名前を出せば強烈なイメージを与える比喩表現として有効な手法です。

ちなみに近年このネームドロップをたくさんして話題になったアメリカのラッパーもいて、それを追いかける形で日本でも同じようにムーブメントになりました。

人名がたくさん出てくる今風のラップの例

日本でのネームドロップ・ムーブメントの例(#fightclubJP)

そして今回の小西ドンですが「ドン小西をわざわざ裏返す必要ないやろ!」とお思いの方も多いと思いますが、これも最新の日本語ラップトレンドに乗った表現で、それをある意味パロディ的に取り入れたような印象を受けます。

山本希望さんはライムスターのファンとのことなので、この曲の影響かもしれません。(「ライカ」という言い回しもいかにもです)

もしくはこの曲からも影響を受けているかも。

なんにせよ、著名コメンテイターを引用してくるあたり、エミネムっぽい精神性も感じますし、彼女のエミネム好きもファッションではないことも伺えます。

※追記
今年出た盤のこの曲でも「ドン小西ネタ」は使われていますね。(PVあるの知らなかった・・・)
QN(菊池一谷)といえば常に最先端の感性を見せてくれるMC、そのリリックとネタがかぶるくらいフレッシュな山本希望さんというわけです。

「ドン小西より辛口なコーデ」

あと書き忘れるところでしたが、「どうですか?」の部分は「どう(ou)」で前段からの韻を引き継いでいるとはいえ、「ですか?(eua)」というまったく違う母音で小節を終えていて、しかもまた「ドン(ou)」で韻が戻るので、これはこれで『踏み外し』という前後の印象を強くするテクニックです。これ以上はマニアックすぎるのでさらに詳しい解説は身近なラッパーに聞いてください。


□5小節目

ドンウォリドンウォリ道頓堀

さて、ここにきて、一見まったく意味のないように見えるラインが出てきました。
が! この小節こそが、このリリックを一層ドープにしている要因なのです。
何故かと言えば、ここまでのリリックはセルフボースト・ダブルミーニング・ファッションアピール・ネームドロップと、要素に次ぐ要素、といった感じで技術をこれでもかと詰め込んだ、テクニカルな面を重視したリリックでした。
しかし、一度前提を見返すと、この文章は何か、と言えば歌詞です。「音楽」です。
そういった意味でこの小節では「音楽」的なアプローチに立ち返り、一旦頭でなく体でビートを感じさせる、という非常に重要な役割があります。
しかもオチの一歩前、起承転結の「転」と呼べる位置に、この一見意味のないドンウォリドンウォリを持ってきた!という采配に、ラッパー山本希望の技量の粋が隠れているといっても過言ではないのです。

ドンウォリドンウォリ道頓堀

ぜひ口に出してつぶやいてみてください。
できれば「ドン」で顎を前に出してみてください。そして「ウォリ」で顎を引いてみてください。
もしくは「ドン」で毎回手を、よくみるあのフレミングの法則の指の形にして前に突き出してみてください。
文章だけなのに音楽を、ダンスミュージックを感じられることでしょう。

よく、ラップをあまり聞かない人から「韻ってなんのために踏むの?(ダジャレじゃんw)」という嘲笑めいた質問を耳にします。
その問いに対するアンサーのひとつがこのリズムとグルーヴです。

韻を踏みまくってグルーヴを生んでいる例

(「道頓堀」という地名を出してきていますが、青森県三沢市出身の彼女に道頓堀がどう関連するかは不明です。しかしもしかするとゆかりがある土地なのかもしれませんね。そうなるとこの小節はフッドをレペゼンしてるラインかもしれません。そういう推測が生まれるくらいラップIQが高い山本希望さんです。)


□6小節目

明かりをつけましょうボンボリ

このラインがオチとなるわけですが、これも素人さんにはまず出てこない小節でしょう。
まずこの歌詞が書かれたのは3月でもないし山本希望さんが3月生まれでもないのになんで「ボンボリ」やねん、と誰しもツッコミをいれるところですが、「ボンボリ」と前段のライン「ドンウォリ」「道頓堀」とは完璧な押韻。もっと言えば「しょうボンボリ」と「道頓堀」の部分で最大6文字踏みです。要は前段から引き継がれる形でリズム的な要素が完璧に満たされている。
そして「明かりをつけましょう」という言葉は「ボンボリ」に続くことが必然である言葉で、さらに誰もが知っているクラシックソングからの引用でもあります。

「明かりをつけましょう」・・・未来は暗くない、Don’t turn off your light、つまり明るくしていこう的な、上がって行きましょう的な前向きで自発的な言葉。
思えば前段ドンウォリ=Don’t Worryからすでにその伏線があったように、自己紹介(セルフボースト)から徐々にフェードインするようにポジティブな思考が展開されて終わる構成です。
この最終的にポジティブな思考でまとめるのも現代的なラップの起承転結のアプローチと言えます。

さらにダメ押しのように、この「ボンボリ」のオチは小節へのアプローチとしては最後の1拍が余ってしまう、字足らずのリリックなのですが、
実はこの「字足らず」こそ現代日本語ラップ最大の流行といってもいい技法です。
事実、ここ最近のマイクリレー(複数人でラップをつなげる曲)では最低1,2人はこの「字足らずオチ」を使って目立とうとします。それくらい有用であるということが現場レベルで証明されているテクニックです。

字足らずオチの例(最初の人)

ほぼ全員が最後過剰に余らせてる例(原曲のオマージュと思われる)

小節最後をあえて字足らずにすることで与える違和感。それによりリスナーは「ん?」と一瞬気になってしまう。最後の言葉に気になってしまうとすぐ前の言葉までさかのぼって考えてしまう。そしてそこから逆算的に導き出される言葉の連鎖、化学反応にやられてしまうという寸法です。この最後の余らせた1拍が発火装置になっているわけですね。

ちなみにこの余らせる1拍を、オチのフレーズの直前に持ってくると、それは少し前まで流行していた「Supadupaflow」というテクニックになるのですが、よくよく見てみると4小節目の「小西(半拍空け)ドン」の部分で使用されているのかもしれません。(歌ってみると小節的にそのほうがしっくりくるので・・・)そう考えると、このリリックは徹頭徹尾、現代日本語ラップの流行技法をほぼ全て網羅した教科書的な完成度の作品と言えるのではないでしょうか。

supa dupa flowの例(歌詞が表示される画面にご注目ください)

というわけで、相当長くなりましたが、つまりは山本希望さんのラップは最新技術がたくさん使われていて、曲として完成されている、素晴らしいものであるということが、以上の解析により分かったと思います。
少なくとも言えるのは、ラップを聴き始めて数日ではこのレベルのライムを書くことは不可能です。
もっと、数か月、いや数年間、ラップを聴き続けたヘッズでないと生み出せないラップであると思います。


終わりに

そんなわけで、異様にラップスキルがあることが判明している山本希望さん。
現在時点では録音などはしていないようですが、ブログにもオリジナルリリックをBOMBしていることが確認できます。
僕としては、彼女が一日でも早くマイクを握ること(違う意味ではもう握ってるけど)を望んでやまないのですが、それより先に、

ファンの皆さんが!
ラップの巧拙について知っていないと!
彼女のせっかくの教科書級のライミングが!
ただのオチャラケラップ(笑)だと!
思われてしまうんではないか!

とも思うので、毎回のことですが、

みなさん日本語ラップを聴きましょう。

ラップは極めて合理的な思考に基づく言葉のチェスです。
オタクの方々が好きになれる要素はきっとあるはずです。

いい加減長くなりすぎたので、今回の件に対しての友人のことばを引用して終わりたいと思います。

とか言っとく!!!!!!

ピース

・・・と、何事もなく終わると思いきや、この記事は思わぬ展開を迎えるのでした…

NEXT→

続・ラッパー山本希望について〜MCのじょの挑戦状〜


No Responses