デートプランをシミュレートせよ!PS用恋愛ゲーム『ラヴ・セラピー』プレイレポ


毎度おなじみ、PS用マイナー恋愛ゲームレビューの時間です。

さて今回紹介するのは1998年発売の”恋愛体験ゲーム”「ラヴ・セラピー」前回の「恋愛講座RealAge」と印象がかぶりますがはたして……
発売はビー・ファクトリー。現在は株式会社シーオージと名前を変えているようです。ビー・ファクトリー時代に発売したゲーム一覧がこちら。……なかなかシブいコンテンツを持っていた会社だったようです。よりによってDARKSEED2の移植って。

ではいつもどおりプレイレポと平行してレビューしましょう。

20150818-01

---------------

恋愛”体験”ゲーム

ラヴ・セラピーを一言で紹介すると、「デートシミュレーション」といえるでしょう。

用意された12人の中から一人を選んで(もしくは想定される女性の生年月日を入力する)、その女性と月に一回一年間、つまり12回デートを重ねて好感度を上げていき、最後はプロポーズを成功させる、というのがゲームのクリア条件です。
12人もヒロインが用意されてるなんてシスタープリンセスかラヴ・セラピーくらいのもんですよ!

前回プレイした「恋愛講座RealAge」は『40万人のデータベースから真実の恋愛をシミュレート』とありましたが、ラヴ・セラピーでは『日本個性學研究所』が提唱している『個性學』のデータベースをもとにして12人の女性の性格や行動を設定しています。リンク先を見るとわかるのですが、17年経ってもいまだに健在なのが驚くとしてしかし、これは……なんとも……うさんくさい……

そしてこのうさんくさいところだけではなく、『ぴあ』のデータベースも利用しており、デートコースを決める際に東京23区+横浜などの膨大なスポット情報を参照しながら選んでいくことになります。実際にプレイしてみると分かりますが、飲食店も店一つ一つ情報が入力されていてちょっと関心しました。うんちく程度には知識を得られそうな気がしました。ただ掲載されているのは1997年の情報ですが。

---------------

Lesson1 厳選

いつもどおり主人公の名前と生年月日を入力させられるので、また戸根千明投手にリリーフ登板してもらいましょう。(ゲーム中に名前が表示されるところがほとんどなかった)
仕事漬けの毎日につかれているおれに後輩からパーティーのお誘い。女の子のほうが多いのでバランスをとりたいとのこと。やぶさかでない。パーティーで気になった女性12人のデータを後輩から送ってもらって、厳選することに。

お嬢様キャラか看護婦さんかで迷ったのですが、ここは恋愛講座RealAgeとの比較の意味も込めてお嬢様キャラでトライすることにしました。

20150818-02
20150818-03

さてさっそくデートに誘おう……としたところ突然謎の妖精が現れてアドバイスをしてくれることになりました。「心配ちゃん」ておまえもうちょっと気の利いた名前思いつかなかったのか。

20150818-04なんか自室が恋愛講座と似たような感じだな…?

初期所持金30万円と毎月追加される3万円をやりくりしてデートやプレゼントで伊集院園花さんの好感度を上げ上手く結婚までこぎつけましょう。がんばれ戸根投手。
ちなみにラヴ・セラピーはノーボイスです。ちょっと残念。

---------------

Lesson2 苦戦苦闘

ラヴ・セラピーはデートプランをすべて自分で考えなくてはなりません。『ぴあ』から提供された膨大なデータベースのなかからあなただけのデートプランを組み立て、それにより可否が決まるのです。プランを組み立てるのがめちゃくちゃ面倒くさいところも含めてリアル……といえるでしょうか…?

20150818-05デート先の選択肢がありすぎぃ!

デートプランが決まればあとはいつもどおり会話の選択肢をくぐり抜けて好感度を上げていきましょう。恋愛ゲームというは選択肢と見つけたり。しかしこの会話もなかなか難しいもので、どちらも正解に見えたり迷うものも多かったのでラヴ・セラピー侮りがたしといった印象です。

初回4月デートは赤坂エリアで美術館→神宮外苑→カフェでタイムリミットのプランに。カフェに入ったところで英語の歌付きの謎BGMが流れてきて動揺しました。このあとも数カ所で歌付きの謎BGMが出てきたのでおもしろかったです。

デートの評価はFAX(!)で送られてきます。気になる一回目の評価は……

20150818-06キャラによって筆跡は違うみたいです

心配ちゃんによると「まだまだ安心できない状態」だとか……いやまぁとりあえず成功というところでしょうか。
数々の恋愛ゲームで鍛えてきたおれにかかればこんなのはチョロいよ!この調子で好感度を上げていきましょう。

5月のデートプランは横浜で攻める!プレゼントも買ってみましょう。前回の会話で5月が誕生日との情報を聞いたので「記念日のロゴ入りのペンダント」でテッパンか。結果は……

20150818-07う~~~~~~ん

これは……失敗だ……プレゼントの反応もイマイチだったし会話選択肢もミスった……おれとしたことが……
デートに失敗すると即デート前の状態に戻されてリトライすることができます。現実では取り返しの付かないところでもこうして練習を重ねることができる。これが恋愛体験ゲーム……。
デートは失敗しましたが、子どものころにもらったテディベアが宝物だ、という情報を会話の中で聞き出すことに成功したのでそれをもとに限定のテディベアをプレゼントにしてみましょう。選択肢も予習済みだ!さてリトライの結果は……

20150818-08

これが成功した世界線だ……。これがシュタインズゲートの導き……。

しかしここから一気にイケるのかとおもいきや、6月7月8月のデートではそれぞれ3回以上のリトライを迫られるという予想外の苦戦を強いられました。いったい何が悪いのかがわからない……
説明書にも「不良っぽい人にハマる」とあるし、ゲーム中のアドバイスでも「おとなしいところばかりだと飽きる」というものがあったので、あえて渋谷地区に行ってみたりしていたのですが、これがなんとも捗らない。

20150818-09失敗するたびに表示されるバッテンに心を折られる

結局お嬢様らしく赤坂エリアや横浜で高級店に行くのが正解っぽい……?いったいどうなってるんだ……
いやしかし、このトライアンドエラーしていく感覚。見えてきたぞ、ラヴ・セラピーのゲーム性。

---------------

Lesson3 プロポーズへ

さて苦労した夏は過ぎ去って秋。
ためしに以前送ったテディベアのプレゼントをもういっぺん渡してみると、なんと好反応が返ってきます。苦労した経験も生かされ、デートの結果も最高の評価。これ…もしかして毎回同じプレゼントでいいんじゃないのか……?とおもったので次回も同じにしたら好反応。お前……いいのかそれで……

ラヴ・セラピーのシステムが見えてきたような感覚があり、これ以降は園花さんの好感度が上がってきたこともあり、多少会話で失敗したところではデート結果が失敗になることはなくなりました。お嬢様キャラは40万人のデータを使ったRealAgeに引き続き惚れさせてしまえば一途になってくれるんですね。ただこれデータベースっていうかオッサンの考えた都合のいいお嬢様像なのでは……?

20150818-10恒例のキスもコンプリート

さて秋以降は作業プレイ寸前の状態でこなしてきたデートプランニングですが、とうとう一年経過しました。ついにプロポーズの段階です!
気づけば所持金も57000円まで目減りしていました。計画的に使ってきたとはいえ30万+3×12万=66万円あったお金をここまで費やしたわけです。なんというか、そう考えると急にリアルな感じがしてきました……

プロポーズのセリフを事前にセッティングして、いざプロポーズ。ラストのデートプランはヘリコプターをチャーターしたものにしてみました。結果は……

20150818-11背景が実写加工のギャルゲは神ゲー

やりました。成功です!
クサいセリフも用意したとおりバッチリキマリました。
立ち絵の種類がゲーム内容に比べてけっこう豊富だったので、EDでウェディングドレス姿の立ち絵とかも用意してもらえてると嬉しかったのですが、なかったですね。残念。

そして最後にプレイを通しての診断結果が表示されます。

20150818-12

ちょ、ちょっと待って!
理想とする男性のところ、「じぇんとる」に傾いてませんか!?
これか!夏季のデートで失敗しまくった理由は!くぅ~~~~説明書に騙された……!
「不良っぽい人にハマる」ってのは「シゲキ的」とかそのあたりのことだったのか…?うーん。
あといつもの恋愛ゲーム通りに行動していたら「らぶらぶ」度がMAXになってしまってますね。これはなんとも難しい。
ラヴ・セラピー、なかなか一筋縄ではいかないゲームでした。

---------------

Lesson4 まとめ

一年間かけてデートを重ねてきたわけですが、会話の中では向こうの実家に遊びに行っているようなことが伺える内容があったりと、いちおうゲーム外でのふたりの行動が想像できる余地があったりしたので、お前ら月イチのデートだけか…?という余計なお世話な感想を抱かずには済みました。

デート中の会話も時期ネタがあったり、会話中の表情の変化も意外とパターンが多く、前述したように衣装の種類もわりと多かったので、そこは評価できるポイントでしょう。もっとも松井雪子さん(調べると漫画家で同名の方がいるようですがその方なのでしょうか)のキャラデザインは萌え萌えという感じではないのでオタク的にはそこまでウケないんじゃないかなぁとは思いますが……プレイ中は愛着がわくのでそこまで気にならないんですけどね。

20150818-13怒ってる表情は特に良かった

なにより「ぴあ」のデータを利用した謎の情報量は必要か不必要かで考えると後者ですが、圧倒されるものはありました。デートスポットもめちゃくちゃ豊富で、こなれるまではデートプランだけでだいぶ悩みました。

ただこのデートプランもかなりガバガバで、時系列がおかしくても平気で成り立ったりと、システム的にけっこう粗があったりします。
(※例えば最初に「夜景スポット」を見に行ったあとに次のスポットで昼の風景になる、など)

プレイ時間は記事用に記録を取りながらやっても三時間弱といったところなのでこれもまたサクッとプレイできるゲームといえるでしょう。これ以上長くてもダレるし、短くてもボリューム不足なので、中古で100円で買った身としてはちょうどいいプレイボリュームでした。当時フルプライス5800円で買ったとしたら……いや、やめておきましょう。
多少雑なところもありつつも適度な難易度で、肝になる「デートプランニング」に悩むプレイ感覚はなるほどたしかにリアルかもしれない、などと童貞ながらに納得できるゲーム性がありました。

総評としては「個性學はめちゃくちゃアヤしいけど、100円だったら余裕で合格!」です。

それではまた他のマイナー恋愛ゲームレビューでお会いしましょう。

20150818-14

---------------

ブログマガジンMOGAKUではあなたの知識欲を刺激する記事が豊富にあります。更新情報はツイッターで。@MOGAKU_blog

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

No Responses