アイカツ!121話で北大路さくらが見せた「強さ」とは? / プレミアムカードをめぐるパラドックス

アイカツ!といえば、カードが命。アイドルとしての強さがカードであり、カードが強さです。
もちろんこれは子ども向けアニメとしての宿命として、現実におけるデータカードダスの販促が目的なので、入手が難しいカードを劇中でストーリーとともに強く描いて射幸心を煽るのは、作品としては当然の戦略なわけです。

しかし、プレミアムレアドレスが出てくるたびに、ある思いを抱いていました。
それは「プレミアムレアじゃないノーマルやレアドレスで、プレミアムレアドレスに勝利するストーリーが見たい!」というものです。

それを、#121「未来に約束!」においてとうとう北大路さくらが成し遂げてくれました。

20150714-01

 

プレミアムレアドレスになんか負けない

おさらいしておくと、#121「未来に約束!」は交換留学生、藤原みやびが京都に帰る直前のスペシャルステージにて同じく和風アイドルの北大路さくらとの対決を求めるというあらすじです。
北大路さくらは星宮いちご世代ではストーリーの都合など様々なアオリを受けて不遇不遇と言われ続けていましたが、あかりジェネレーションになってからは中等部に残った唯一の先輩アイドルとして少しだけ地位の向上が見られました。そんな中でのこの見せ場。

不遇と言われ続けた北大路さくら、#74以来の実にほぼ一年ぶりCGステージ登場
しかし、その手元に握られていたのは曲に合わせた桜色花伝のキャンペーンレアドレス!合計で1600ポイント。
対する藤原みやびは初登場時から特に取得エピソードもなく初期装備している桜色花伝プレミアムレアドレス。合計ポイントは2150ポイント!
数字の上で550ポイント差が付いているだけではなく、(DCD的にいうと)スペシャルアピールの点数がプレミアムとそれ以外では差がついてしまうという点も考えなければならず、額面以上のハンデがあることが分かります。
このような格差対決も実のところ今までアイカツにおいてはなかなかありませんでした。

ですが、北大路さくらはステージの上で、そのアイドル力を見せつけます。今までただ出番がないだけではなかった!ぽわぽわプリリンでクイーン有栖川おとめと活動しながら、陰ながらアイカツを続け、その実力を伸ばしていた!

20150714-03
20150714-04

藤原みやびと比較してもステージ上でこの余裕!ウィンク!
ちなみにアイカツ!においてステージ上で表情を作れるということは高いアイカツ力」を示す演出でもあります。これはCGの技術力が向上して「演技」をさせられるようになったことで、CGパートがただの水戸黄門的印籠パートではなくなったからこその演出です。
おそらくCGパートでの表情でなにかしらの演出が加わったのは、一ノ瀬かえでの登場からでしょう。当時鳴り物入りで登場した一ノ瀬かえでは、#34「HELLO☆スーパーアイドル」において最新のCGモデリングを引っさげてステージ上でもいちごあおい蘭を圧倒しました。課題曲「Take me higher」をこなすことに必死になってしまう三人を尻目に、カメラ目線、ウィンク、笑顔を魅せる。そしてスペシャルアピールも決める。「あの神崎美月が見込んだ、アメリカから来たスーパーアイドル」というキャラの説得力が増してくるわけです。

20150714-05
20150714-06他三人に比べてこの余裕のステージさばき

ドレスの力に頼らないステージでの実力の説得力も、このCGパートの進化によって可能になったストーリーかもしれません。最近でいうと、ダンスが得意な黒沢凛とビジュアルトップクラスで歌が得意な氷上スミレのユニット「ダンシングディーバ」のステージシーンがわかりやすかったかもしれません。元気にイキイキと踊る黒沢凛、その一方で表情で色をつける氷上スミレ。対比としてすばらしい演出でした。

そして対決の結果は、北大路さくらの勝利。
ポイント差、レアリティ差を完全に実力差でくつがえした形になりました。
これが、おれが見たかったアイカツだ!

 

アイドルの強さとプレミアムレアドレス

そもそもアイカツ!においてプレミアムレアドレスとはなんなのでしょうか?

アニメにおいてプレミアムレアドレスが初登場したのは#9「Move on now!」です。
スペシャルオーディションに合格するためにはプレミアムレアドレスが必要!」と地下の太陽こと三ノ輪ヒカリさんに助言をもらったことから、星宮いちごのプレミアムレアドレス入手への奮闘が描かれます。ガケ登りもここが初出。
これ以後もプレミアムレアドレスは、大事なオーディションやステージに挑むための気合の衣装として描かれることになります。つまり、輝くために必須のアイテム!という描かれ方です。

20150714-07やっぱりカードが命なのだろうか……?

もちろんプレミアムレアドレスを得るためには、アイドルが強くなることが条件としてストーリーは展開されます。それにふさわしいアイドルであるという輝きを見せたときに、もしくはなにか可能性を感じたときに、それぞれのデザイナーから渡されるものだと、劇中でもさんざん描写されてきたように思います。
第二シーズンで登場した星座アピールも「星座アピールを出すには実力が必要」という、当初のスペシャルアピールのような設定があり、軽々と星座アピールをする星宮いちごをみて霧矢あおいが悩む、というシーンが有りました。星座アピールに関しては最初のほうしかその設定が活きてなかったような気がしますが……

しかし、冒頭でも書いたように販促アニメの一面も持つアイカツ!では大勝負においてはプレミアムレアドレス、もしくはユニットドレスを衣装にしてしまうため、どうしても実力=最強コーデのような印象は拭えません。
現実におけるDCDアイカツ!に関してもやはり最新のプレミアムレアドレスが一番ポイントを取れるというのは事実です。わたしも第三、四弾のころにロリゴシックのプレミアムレアドレスを揃えてやってました。あのころはロリゴシック一強だったと記憶しています。

20150714-08実際かわいい。硝子ドールも最高~~~!

でも、だからこそ、証明してほしかった。
アイドルのチカラは、カードが全てではないんだと。
それを北大路さくらが見せてくれたのです。

わたしの大好きな漫画に岩本佳浩著「ロックマンX」があります。
そのなかでこういった名言がありました。強化アーマー無しで俺に勝てるのか?という悪堕ちゼロに対するセリフです。
『俺のアーマーは俺が傷を乗り越えた証!俺はアーマーで強くなったんではない!俺が強くなれたからアーマーを授かったんだ!強さは俺の心の中にあるんだ!』
「強化アーマー」というゲーム的アイテムをテーマに取り込みつつも華麗にそれを打ち破ってみせる展開です。

20150714-11これが岩本ロックマンXのアツさ!ボンボン最高~~~!

これをアイカツでも見たかった。
アイカツはカードが命。
だけどアイカツはカードが全てではない。
このパラドックス(厳密な意味ではないですが…)を販促アニメでどう昇華していくのかを、ストーリーの都合で登場シーンがなかなか少なかったり、ステージシーンが初登場時の二回以外はほとんど与えられず、CGの進化からも取り残され続け、そして自分のメインブランド「オーロラファンタジー」も新しく登場したドリームアカデミーのキャラに横取りされる形で、星座プレミアムドレスを着る機会にも結局恵まれなかった北大路さくらが、力強く提示してくれたという事実に感動しました。

北大路さくらが星宮いちごたちをうしろから見てきた努力が実を結んだ強さ。
それは数々の苦労を乗り越えた証だったと、そう思います。
これからもアツいアイドル活動を見せてくれることを期待しています!

20150714-09


みなさんもご存知の通り、このあと北大路さくらはスターライトクイーンにも登りつめ、中等部トップアイドルとして地位を確立します。
……ですが、それからは新しく後輩キャラが二名登場し、一気に北大路さくらの出番が……また、失われて……
(オーロラファンタジーって今やってる童話シリーズには一番向いているような気がするんですが……プレミアムレアドレス作ってあげてくれ……)

20150714-10

ブログマガジンMOGAKUはアイカツ!と現在北大路さくらより不遇っぽい一ノ瀬かえでを応援しています。

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

No Responses