このドット絵が好きだ!~格ゲー編~


ドット絵の魅力っていうのはキャラクターをイラストのまま動かせる感じというか、3Dとは違う独特な温かみとか製作者の職人技やこだわりが分かりやすい所にある気もします。

てなことで格ゲー全盛期ともいえる90年代?00年代にかけて数多くのドットによる名作2D対戦格闘ゲームの中から個人的に好きなものを紹介します。

①ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE(CAPCOM 1999)

まあやっぱこれです。ベタですいません。リュウが真空波動拳を打つ直前にクッと力を入れる感じとかめちゃくちゃ好き。あとトゥエルブの体の変身モーションもなんかこう、エロいですね。ヌルヌル動く。

②餓狼 MARK OF WOLVES(SNK 1999)

3rdに対抗して作られたとも言われるSNKの名作はドット絵もSNK的こだわりと格好良さが詰まってます。SNKはカプコンとは少し違ったドットの動かし方をするんですが、このゲームのテリーの「バスターウルフ」なんかのヒットエフェクトは、まあSNKらしい派手さと格好良さ。

③月華の剣士 第二幕 ~月に咲く華、散りゆく花~(SNK 1998)

こちらもSNKの気合抜群なグラフィックが堪能できる名作。響の流れるような抜刀モーションは美しいの一言。それとやっぱり小次郎が必殺技で刀に手を滑らせるモーション、あるいは勝利ポーズで刀を鞘をしまうモーションが素晴らしすぎる。

④ヴァンパイアセイヴァー(CAPCOM 1997)

ヴァンパイアはモーションの多さとコミカルさが醍醐味。バレッタなんか表情がめちゃくちゃ豊か。1番すきなモーションはレイレイの空中前ダッシュ(超可愛い)。

⑤ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝(SNK 1996)

モデルからモーションを落としてドットに起こしたらしいので、独特のリアルさがある。カスミが辞書をめくりながら英語で喋る勝利モーションが可愛い。

⑥ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産(SNK 1998)

製作陣のジョジョ愛が溢れすぎなこだわりのドット絵。モーションがいちいち”ジョジョっぽい”から見ていて楽しい。花京院のエメラルドスプラッシュなんて、発動時の立ちポーズだけで何種類あるんだよって感じ。

⑦カオスブレイカー(2004 タイトー)

ファンタジー色溢れる独特で綺麗なドット絵。クリーチャーの動きとか面白い。ゲーム性含めて良くできてるけど知名度が低すぎる。

⑧堕落天使(彩京 1998)

これもかなり独特な世界観とキャラクターだけど、モーションは結構良くできてる。ただこれも置いてるゲーセン自体まずない。

⑨ウォーザード(CAPCOM 1996)

半分アクションゲーム、半分格ゲーみたいなゲーム。とにかくデカイ敵キャラがよく動く。

?おわりに?

ドット絵は作るのにめちゃくちゃ手間がかかるらしいので、今後昔のように積極的にドット絵のゲームが作られるとは思えませんが今でも過去作り出された職人たちによるドット絵はゲームセンターに溢れてます。ゲーム自体が面白いかも大事だけど、こういうこだわりにも注目してみては?!

K.すみす

K.すみす

白とチーズとペンギンと音楽と野球
K.すみす

No Responses