気になる雑誌!悟り系マガジン『Star People』

みなさん、悟ってますか?アセンション、してますか?

1999年にこどもだった私は「オカルト」が原体験として染み付いているところがあります。
特命リサーチ200X、アンビリバボーの心霊特集、UFOスペシャル、そしてMMR。ドキドキしながら見てました。
1999年8月、どうせ人類滅亡するとうそぶいて夏休みの宿題をやらないなんて人もいたのではないでしょうか?
世紀末思想と相まって一時代を築いたかに見えたオカルトブームですが、21世紀からは少し衰退したように見えます。

2012年にはマヤ予言やアセンションだかフォトンベルトだかで世間一般にもまた若干のオカルトがやってきたようにも思えましたがこれもまた(私のような霊感ゼロ神秘体験ゼロ人間からすると)不発に終わりました。

しかし、最近またスピリチュアルが注目を集めてますよね。そう、EXILEのATSUSHIさんがハマっている「生体エネルギー」です。
ATSUSHIさんがスピリチュアルにハマり込んで「電気誘導翻訳装置」なる高額の機械を導入して身の回りのものに生体エネルギーを送り込んでいる……というゴシップはインターネットや週刊誌ですこし有名になりました。
そのATSUSHIさんがスピリチュアルネタで以前盛り上がったというのがスピリチュアル格闘家こと須藤元気さんです。もともと須藤元気さんはスピリチュアルに傾倒する部分があり、ATSUSHIさんからするとセンパイなわけです。

その須藤元気がインタビューされていた雑誌、それが今回取り上げたい「Star People」、というわけです。
20150602-01


読んでいるかたが不安を感じないように最初にお断りしておきたいのですが、私は先に書いたように霊感ゼロ神秘体験ゼロ信仰ゼロの人間だということです。ただ、オカルト自体には興味があって体験をしたい!といろいろ心霊スポットにいってカメラを構えたりなどやっているのですがいまだに立ち会えていません。浦安鉄筋家族の稲川ジューンみたいなもんでしょうか。
スタンスとしては「あったら面白そうだけど、実際に体験できてないから今のところは信じていない。科学的に解明できそうなところはちゃんと考えて、そこから説明しきれず抜けだしたほんのわずかなオカルトにワクワクしたい!」という具合です。面倒くせえやつだな!

本来はUFOだとか心霊、オーパーツが守備範囲なのですが、2012年のマヤ予言、アセンションの話題を見てすこしスピリチュアルにも触れておこうというという興味がわきました。
そんな流れで書店に立ち寄ると定期的にスピリチュアル系の本が並んでいるコーナーを眺めることをしていたのですが、そこでこのスターピープルと出会いました。
始めて目撃して立ち読みした号で須藤元気さんのインタビューが載っていました。調べたところ2012年09月15日発売のVol.42だったようです。

スターピープルは季刊で年に四回発行されているようで、なんと今年で15周年を数える長寿雑誌です。
定番のキャッチコピーは「新しい意識の時代をひらくスピリチュアルマガジン」。これ実は毎回同じなわけではなく、基準はよくわかりませんがたまに変わったり変わらなかったりしています。

  • 新しい時代を生きるためのスピリチュアル・マガジン
  • 意識の地平を拓き、真我の実現を目指すスピリチュアル・マガジン
  • 地球人類の意識の覚醒を目指すスピリチュアル・マガジン
  • 時空の仕組みを解き明かし 、宇宙意識をひらく悟り系マガジン
  • 5次元意識をひらくスピリチュアル・マガジン
  • 覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン

などとバリエーションに富んでいます。明日に向かってもがくブログマガジンである我々も負けてられませんね(?)。

20150602-02”先の見えない時代の処方箋”

今までどんな内容が載ってきたのだろう、ということに関してはバックナンバーが充実していますのでインターネットで参照することができます。

ここでは記念すべき第一号の執筆陣をすこしのぞいてみましょう。
【日木流奈/大内博/エクトン&リチャードラビン/サネヤ・ロウマン/高木悠鼓/森眞由美/脇坂りん 羽生さくる/J・D・ストーン博士/リサ・ロイヤル/星名一美/井出治/鎌崎倬壽/】とありますが、残念ながらスピリチュアル門外漢の私としては全く知らない名前ばかりです……

しかし、「日木流奈」さんという人物に限れば知っているかたもいらっしゃるのではないでしょうか?
奇跡の詩人、と聞くとピンとくるかもしれません。2002年にNHKで放送されたドキュメンタリーで話題を読んだ「奇跡の詩人」その人です。

当時私も放送を見ていて、世間の方々と似たような複雑な感想を抱いたものでした。
スターピープル第一号が発行されたのは2000年ですから、テレビで取り上げられる以前からスピリチュアル界隈で活動されていたようですね。
その後、話題になっている様子は私は全く見聞きしなかったのですが、2014年02月20日発売のスターピープルVol.48でも対談記事が載っているのを発売当時に書店で確認し、現在でもまだご存命でそちらの方面でご活躍されているということですこし安心しました。


……少し話はそれますが、こういったスピリチュアル系のものの顧客というのは私が今まで見てきたところで判断すると二つに分かれます。
「金持ち」と「本当に困り果てている人」です。
キレイ事は言ってもタダではできません。寄付だけでまかなうというのも無理があるでしょう。そうなると、商売ですから、高額の謎アイテムだったり講演会だったりで金を稼ぐことに関してはもう払ってる人の責任で良いと思います。たとえばATSUSHIさんが怪しいスピリチュアルにハマって大枚はたいている、というのは個人的な意見だけですと金持ちの道楽と変わりないだろうということですので、それを見て私のような冷やかしがネタにする、でオチが付きます。
しかし後者の困り果てている人でしかも金もないという人が、これはちょっと問題になるかなぁとは思います。思いますが、外野から面白がっている人間が語ることではないので、閑話休題。


さて、少しだけですが、スターピープルのご紹介とさせていただきました。
しかし、みなさまお気づきのように、私、スターピープルを立ち読みしかしていません!なんて不誠実!
ということで!バックナンバーをながめて特に気になった号を購入させていただきましたので、届き次第緊急レビューとさせていただきます!

そのバックナンバーとは!?

スターピープルVol.24(2008/1/25)
特集:「アニメから読み解くスピリチュアリティ~われわれはアニメを通して進化する!?

もちろん表紙は「地球少女アルジュナ」だ!河森正治のインタビューも載っている!

ではまた次回!

(申しわけ程度の補足をさせていただくと、バックナンバーはVol.35以降はデジタルでも買えますし、書店でもおそらく今(2015年6月初頭)でしたら並んでいる可能性が高いと思われますので、興味がわいたかたはぜひ手にとってご覧になってみてはいかがでしょうか。)

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

No Responses