関東5大野球場、独断偏見レビュー

  
すみすです。よろしくニキーということで、2015年シーズンも始まって2か月ほどが経ちましたねーいやぁまさかまさかの順位になってたりしてますが…とここまで話せば何の話か分かりますよね。はい、プロ野球です。そしてプロ野球の魅力はなんといっても球場で観るということに尽きる。というわけで、今年春から関東に出てきた僕は関東に本拠地を置く5球団の球場を2か月の間に視察してきたわけですが、その感想というかまとめを書きたいと思います。

球場には大別すればドーム球場と屋外球場の2種類があって、それぞれに魅力があるんですが関東では東京だけでもこの2つが楽しめるという野球好きには素晴らしい土地です。別に野球なんて興味ねーよ!って方でも、一度観光がてら試合を観に行ってみては如何でしょう??

ちなみに今回アップする写真は全部僕が実際に撮影してきたやつだったりします。

①東京ドーム(讀賣ジャイアンツ)     やっぱ東京といえば、どころか日本で野球場といえばココです、東京ドームです。日テレの巨人戦中継で幾度となく見てきたこの球場は後楽園駅を降りてすぐと立地も良好、隣に後楽園遊園地やショッピングモールもある優秀なエンタメスポットと言ったところでしょうか。 で、球場で最初に思ったのが生ビールが高い!という事です。だいたい野球場のビールというのは600?700円ほどなのですが、東京ドームは800円です。これがトーキョープライス…。ただドーム球場という事でフードやショップは充実してました。

ビールはとりあえず置いておいて、野球場として見た感想としては本当に思ったより狭いということ。ドーム球場にも関わらずホームランが出やすいのでネットで「からくりドーム」とか言われる東京ドームですが、実際行くと随分小さく感じる。まあこの辺は地元の福岡ヤフオク!ドーム(球場が広くフェンスも高い)に慣れていたからかもしれませんね。    近くで見ると確かにフェンスは低い気もする。外野スタンドにはお馴染み長嶋終身名誉監督が映ったセコムの看板もあります。

そんなわけで東京ドームは優秀なエンタメスポットと言った印象。自分が讀賣贔屓じゃないのもありますが、特別すげえ!とかはなかったかもです。

②明治神宮野球場(東京ヤクルトスワローズ)   キタ!我らの我らのスワローズ本拠地にして東京六大学野球の聖地、明治神宮球場です。関東に来たら必ず行こうと思っていた球場でもあります。なにが魅力って神宮外苑という都会のど真ん中にある屋外球場ってとこです。「花の都の真ん中で?♪」と球団歌の『東京音頭』でも歌われている通り、 本当に都の真ん中で開放感とともに野球が見られる素敵なスポット。

僕は行くと球場名物?的なソーセージ盛り合わせとビールを頼んで時々傘振って(ヤクルトにはそういう独特な応援スタイルがあります)のんびり見てます。球場としては決して広くないのですが、その分選手は近くに感じられます。 ハァ?踊り踊るならチョイト東京音頭ヨイヨイ?と聴こえてくる開放的なスタンド。得点時には傘をフリフリ。

ただ大変残念な事に今使っている明治神宮球場は老朽化から遂に取り壊しが決まり、5年後にはすぐ近くの新しい球場に移転するようです。この野球の聖地を今のうちに是非。

③西武プリンスドーム(埼玉西武ライオンズ)   最近命名権の販売かなにかでプリンスになってしまった西武ドーム君。実際のところドームとは言っても「なんちゃってドーム球場」といいますか、元々屋外球場だった西武球場に屋根をドーーンとくっつけることでドーム球場にしたという、かなり独特なドームです。

で、立地の関係なのかドームの造りの関係なのか、春先までは凍えるほど寒く、夏場は蒸し風呂の様に暑いという観戦するには過酷な状況を作り出すドームとして有名です。その上周りには森と西武が運営するしょっぱい(すいません)遊園地しかなく、埼玉の都市部からかなり遠いためアクセスも微妙と、どうも近年の西武ファン減少にはこの球場の立地の悪さが関わってる気がしてなりません。

しかし伝説の黄金期から数多くの名選手を輩出し、名勝負が行われたこの球場はやはり野球、特にパ・リーグファンには感慨深いものがあります。秋山、清原、デストラーデがあの真っ青のユニフォームを着て立っていたバッターボックス、あるいは平成の怪物松坂が立ったマウンドが見れるのは結構テンション上がります。    半ドームといった独特な造り。外野スタンドは斜面で応援します。

あと外野席が芝の斜面みたいになってて、場所取り自由の独特な造りなのも面白いですね。

④QVCマリンフィールド(千葉ロッテマリーンズ)   こちらも千葉マリンスタジアム改めQVCマリンフィールドとなった、俺たちの誇り千葉ロッテマリーンズの本拠地スタジアム。海浜幕張駅から少し歩いた海沿いにある、海風が心地よい屋外球場です。心地よいどころか多分日本で一番風が強い球場ですが。 スタンドは2回席もあり非常に高く、屋外球場としては結構大きめじゃないでしょうか。また幕張にはイオンやアウトレットモール、映画館など球場以外の施設も充実していて野球観戦前後にも遊べる場所になっています。

何よりこの球場で見て欲しいのは本場でのロッテサポーターの応援!ロッテは他球団と比べてもかなり迫力のある応援で有名で、ジャイアンツやタイガースといった人気球団に比べれば決して数は多くありませんが多分日本一の応援をしているカッコイイ応援団です。  外野スタンドを白く染め上げたロッテサポ。ジャンプ応援と呼ばれる、サッカーの応援にも似た迫力ある応援が見れます。 

東京からだと比較的にアクセスも悪くないと思うので、晴れた休日の昼間にでも陽にあたりながらビール飲んで観戦に来てみては如何でしょう。

⑤横浜スタジアム(横浜DeNAベイスターズ)   最後は今シーズン大躍進中のベイスターズの本拠地横浜スタジアム、通称ハマスタです。ここも神宮球場同様都会の真ん中にあるスタジアムと言うことでかなり僕好みな球場。

横浜駅からほど近く、近くには中華街や海もある立地とDeNA体制になって以降BEAMSとのコラボショップや本格的なコーヒースタンドが出来るなど横浜らしいお洒落な感じがあります。 スタジアム自体は割と小さめで可愛いらしい感じ。フェンスはやや高めですがフィールド自体は狭いのでホームランも出やすいようです。神宮球場とマリンフィールドの間と言った感じかな?スタンドからは周囲のビルなんかも見渡せて都市感があります。  横浜の青を前面にだしたカラーリングと、芝のコントラストが綺麗。メジャーリーグの球場みたい。

アクセスの良さや開放感、スタジアムの綺麗さなど総合的な面で個人的にかなり好きな球場です。千葉同様、東京から少し足を伸ばして行ける距離なので横浜観光の際は是非一緒に。

・まとめ・

前回は野球女子の可愛さ、今回は球場の魅力についての話でした。肝心の野球自体の魅力はいつ触れるんだって感じですが、とりあえず外堀から攻めていく感じで書いてます。また野球の魅力について喋りたいですね。関東にお住いの皆さん、もし近くに球場があるなら安い席で良いのでチラッと覗いてみては如何でしょう。 すみす

K.すみす

K.すみす

白とチーズとペンギンと音楽と野球
K.すみす

Tags: