できるだけ小さいPNGファイルをパパッと作る 「AzConvPNG」

金曜日担当のcommonです。
またソフトウェアの話をします。

単機能のソフトウェアが好きです。
必要なときにシュッと起動してやるべきことだけやって終了する、そういう無駄のないところに美しさを感じます。
今回は(も?)そんな感じのを紹介します。

AzConvPNG
画像をPNGファイルに変換するソフトです。
特徴的なのが、複数の方法で圧縮を試みて、その中で最もファイルサイズが小さかった形式で保存してくれる点です。
「bmp形式のファイルをjpg形式より綺麗に保存したい、でもファイルサイズも可能な限り抑えたい…」なんてときにぴったりのソフトですね。

UIもドラッグ&ドロップで画像を指定することが可能となっており、シンプルでわかりやすいのですが、よりオススメなのがGUI版とは別に用意されているコマンドライン版(azcpngc.exe)です。

下記のような引数を指定することで一発変換を行えます。
(例:変換元ファイル名.pngを変換元と同じフォルダに保存する)

azcpngc.exe -i “変換元ファイル” -ts

実際に使う時は、愛用のファイラー「あふw」から下記の様なコマンドを設定して、選択したファイルの順次変換コマンドとして使っています。

&EACH -P D:appazcvpngazcpngc.exe -i “$P$F” -ts

何十というファイルに対して一気に行うとファイルサイズが最適化された美しいpngファイルがドンドン出てくるのでたのしい(しかしそういう機会はあまりない)。

本ソフトは作者の方が2011年にLinux環境に移行したため、開発が終了していますが、僕の環境のWindows8.1(64bit)で動作しており、将来的にも多分Microsoft気合の互換性維持が発揮されWindows10以降も動くことが期待できますので安心です。
ナイスなpngファイルを素早く作りたいときは使ってみてください。

 

(ゼノブレイドクロスやってて気づいたら思った以上に時間がなかったので)今回は以上です。

common

common

主にゲームとかソフトウェアの話をするMOGAKU最北の人
common