いまさら行ってきた、坊主バーin四谷 体験レポ

タイトル通り、いまさら、です。坊主バーです。
坊主バーとはなんぞや?と検索するだけでデイリーポータルロケットニュースねとらぼなどで紹介されている記事が散見されます。デイリーポータルに関しては4年前の記事です。そう、めちゃくちゃいまさらなんです。

しかしカフェ管理人の東浩紀センセイも『弱いつながり』(読んでない)でインターネットで情報に出会うにはまず検索ワードを知ることが大事なんだと、そうおっしゃっていますね。「坊主バー」なんて普通に生きてて検索する機会、まずありません。あっても「へ~こういうのがあるんだ」でおわるパターンも多いですね。
書を捨てよ町へ出よう。いい言葉です。ショーペンハウアーも『読書について』で「本読むより体験したほうがええわ」と言ってました。

ということで先日、その坊主バーにサクセス本田氏とともに行ってきたので、簡単にレポです。

20150505-1

四谷でたい焼きを食べていたところ「そういえば四谷に僧侶がやってるバーがあるらしい」というサクセス本田氏の提案により急きょ当店舗に向かうことになった我々。
開店の19時すこし過ぎたところで入店したが、すでに店内はお客さんで一杯。カウンターにかろうじて二人分が空いていたのでなんとか着席できた。

連休中ということもあると思いますが、この日はなんと月に数回しかこの店に来られないという「密教占星術」の占いをしてくれる真言宗の僧侶さんが来店される日だった、ということも賑わいに加速をかけているのかなと予想されます。
もしかしたら少し前にテレビ番組でこの坊主バーと関連した「牧師ROCKS VS 坊主バンド」という対バンイベントが紹介されたことも要因にあるのかもしれません。

さてそんな店内、てっきり読経のBGMが流れているのかとおもいきや、おしゃれなBGMです。
店の奥に仏壇が配置されていますが、薄暗い照明の下に置かれるとなんとも感じの良いインテリアに早変わりします。

まずはお酒を注文。仏教とかけたカクテルが用意されていたので、私は「極楽浄土」、本田氏は「無間地獄」をチョイス。
20150505-2
左がマンゴーベースの極楽浄土、右がクランベリージュースベースの無間地獄

飲みながら店内を改めてうかがうと占いのこともあるのか女性が大半を占めています。
そして我々のすぐ後に入店して隣に座ったのが、なんとまた、これも見事な坊主頭で作務衣のおそらく僧侶さんと見られるお客さん。坊主バーは店員が僧侶なだけではなく、お客さんにも僧侶が集う場だったのか!
このお坊さんがこれまた強烈なキャラクターで、本田氏と意気投合してめちゃくちゃな話を繰り広げていたのですがそれは今回は割愛しましょう。

我々も実は入店前にインターネットで情報を仕入れていた段階で「今日は密教占星術の人がいるぞ!らっきー!」と狙いをつけていたので、当然占ってもらいます。
占星術なので生年月日を言います。私は「室宿」という星の人間だそうで、めちゃくちゃ運が良いという情報を頂きました。その他も完全にガチな人生相談をしたので詳しくは書けませんが、とにかくこの真言宗の僧侶さん、言葉がすばやく、占い師としての力量をかなり感じました。
オカルト好き人間として占いは何度もやってはいますが、この僧侶さんほどすばやい言葉は初めてでした。
結婚についても聞いたところ、三年後が結婚に最適の時期と占われたので参考にして生きていきたいと思います。

占いの結果を反芻していると、カウンターに座っていた占いが目的だったという隣のカップルの方とも話が盛り上がり、ものすごいアットホームな雰囲気で居心地の良さを感じ始める我々。坊主バー、ヤバい。

するとここで日に二回あるという僧侶さんからの説法タイム。スナックで言ったら名物ママのカラオケタイムといったところでしょうか。
20150505-3
話がうますぎて落語家顔負けと言った具合です

これがめちゃくちゃ良い話です。写真からも伝わるように堅苦しくなりすぎず、だけど、身に沁みる。
実際に聞きに行っていただきたいと、そう思える説法でした。坊主バーに行ってみてのお楽しみです。

そんな中でも本田氏の酒が進む進む。めちゃくちゃ注文しております。ふたりで8種類あったオリジナルカクテルは全て制覇しました。
中でもネーミングが秀逸だったものを二つ挙げると、瀬戸内の塩とベリー系リキュールで仕上げた「寂聴」、そしてミロをベースに使ったミルク系カクテル「ミロク菩薩」。
ダジャレですね。私、ダジャレには大変弱いんです。
私は般若湯という日本酒が気に入ったので、今度行ったときはおそらくこれだけがぶがぶ飲むかなという気持ちです。

店内にはめちゃくちゃシャープな印象の美人な女性の僧侶さんもおり、写真をブログにあげても良いかとの不躾なお願いにも快くOKをいただきました。
僧侶との写真撮影は自由とメニューにも書いてあるので非常にサービス精神にあふれております。ありがとうございます。
20150505-4
でもタイミング悪くて写り悪くなってしまいました……スイマセン!

2時間ほど経ったところで我々は店を後にしました。楽しい時間が過ごせました!
このレポで坊主バーの楽しさが少しでも伝われば幸いです。ゴールデンウィーク、どこかに行くにも予定がない、そんなときに候補の1つに入れていただければと思います。
ちなみに、姉妹店として中野にも坊主バーがあるらしいです。


坊主バー(四ツ谷) 営業時間:19~25時 定休日:日曜・祝日
http://vowz-bar.com/
Twitter:@vowzbar_yotsuya

tone

tone

主にアニメとゲームとオカルト関連の記事を書きます。
チャームポイントはとびきりのSmileです。よろしくお願いします。
tone

Tags:
No Responses