私をプロ野球に連れてって

さて、担当2回目からこのブログに相応しいのかギリギリな話をしたいと思います。「プロ野球」についてです。あくまでプロ野球です。ベースボールでもメジャーリーグでも甲子園でもなく、プロ野球。

そもそもナウなシティボーイ達が最も嫌いそうな”野球”という文化。泥臭くて長ったらしい、おっさんが酒飲んで野次飛ばしながら観てるスポーツだと思われてそうです(実際そうなんですけど)。オタク達からも野球は延長でアニメを遅延させたりしてて嫌われてます。

で、なんで今回野球の話かというと、もちろんプロ野球という文化の面白さなんかもダラダラ喋りたいですが、今回話したいのは「プロ野球チームのユニフォームを着てる女の子が可愛い」という話なんです。

ここ数年、カープ女子なんて言って広島東洋カープを応援する女の子が持て囃されたりしています(他にもオリックスにはオリ姫、ホークスには鷹ガールなんて呼称もあります)が、元来野球のユニフォーム着てる女の子は実に萌えポイントの高いものなのです。

まずユニフォームの魅力。確かにカープなんかはユニフォームのデザインが非常に良い。 わざとらしい写真ですが、赤と白のコントラストは個人的にかなり可愛いですね。

他にも個人的にはベイスターズ(ミルキィホームズとのコラボでオタクにも有名)や、

スワローズなんかも良いですね。

で、ここまで読んだら「別にユニフォームならサッカーだろうがバスケだろうが良いじゃん」って思うでしょ。違う。プロ野球っていうのが大事なんです。プロ野球っていう、あのおっさん臭い昭和の地続きみたいな文化に理解のある、そしてなんとなく、ファッションっぽく楽しんでるあの感じが良いんじゃないですか。サッカーなんかの人気でモテそうな競技じゃダメなんです。ダメダメ。

少し話を逸らすと、野球のユニフォームデザインはファッションアイテムとしても定番で、supremeなんかも出してたりする訳です。もともとファッショナブルなものなのですよね(↓これです)。

しかしこんなもの好んで着るハイレベルな女の子なんて普通居るわけないんですが、野球場(特に外野席)に行けばワサワサと居るわけです。世界中で人気なモテスポーツのサッカーやイケメン競技のフィギュアスケートじゃない、プロ野球というおっさん臭いスポーツをユニフォームを着て応援しに来てる女の子なんてもう胸きゅんですよね。ですよね多分。

そういうわけでシティボーイ達はさっさとその変なチェスターコートを脱いで、オタク達はさっさとその美少女アニメを観るのを辞めて、野球場へ足を運んでください。で、試合と野球女子をぼーっと眺めながらビールでも飲んでれば良いんですよ。あんなにダラダラのんびり観て、盛り上がるところで盛り上がるスポーツ、僕みたいに怠惰な人には絶対楽しいですよ。寺山修司も「書を捨てよ、野球へ行け」と言ってます(たしか)。

最後に貼ったのは声優の小倉唯さんが埼玉西武ドームで始球式を行った時の写真です。はやく指定文化財に登録してほしい尊さですね。

K.すみす

K.すみす

白とチーズとペンギンと音楽と野球
K.すみす