MOGAKUミーティング(2015.04.18)

初めまして。このエントリの予約投稿を行ったのは日曜の夜。いかがお過ごしでしょうか。既に夕食を終え、ネットサーフィンの最中、もしくは日曜日のデイイベントでひとしきり騒ぎ終わった後の帰りの電車、少し早めの布団の中、テレ東の紀行番組で月曜の憂鬱の最中、憂鬱を吹き飛ばすために2000円で酩酊した帰り、などなどでしょうか。この度、成り行きで新たにMOGAKUメンバーの日曜担当になりましたmaezonoと申します。twitterのプロフィールには「過剰な自意識にもがく日本語曲DJ」などと見栄を張って書いていますが、実際は東京に住むちっぽけなプロレタリアートであり、「人より少し日本語で唄われる音楽に詳しい人」くらいの理解で結構です。MOGAKUには既に気合が入りに入りまくったエントリがバンバンとアップされているので僕もカルチャー、日記、自意識との向き合い方のキュレーションなどをテーマに書く予定です。よろしくお願いします。

さて、今このエントリを書いているのは4月19日なんですが昨日、つまり4月18日の夜に秋葉原にて一部MOGAKUメンバーによるミーティングがありました。おぉさんくろさわさんRY0君tenkyoさんtoneさん+僕の6人が集まり、これからのMOGAKUの方向性等について、と書くと大げさですがまあ思い思いの話をしつつ楽しい食事でした。先ほど「成り行きで参加」と書きましたがもともとおぉさんやRY0君とは友人であり、その流れで今回のミーティングに参加→メンバー加入となった次第です。余談ですが、ミーティングの会場の餃子屋(くろさわさんセレクト)、めちゃめちゃ美味しかったです。普段あまり肉を食べないことと餃子はセブンプレミアムか食は万里を超えるチェーン店しか知らなかったので水餃子の瑞々しさ!プリプリ!肉汁!弾力のある皮!と非常に興奮しました。

ミーティング、とは少し離れて熱い話題となったのは、以下の点。

  • 自分の好きなことをどこまで続けていくのか、もしくは続けていられるのか
  • 自分の好きなことに折り合いを付け、安定した道を進んでいくのか

もちろん、各人にはいろんな境遇がありますし、上に挙げた以外の答えもあると思います。例えば、結婚し、子供を育てながら昼間の仕事をし、余暇の時間に自分の好きな事、それは音楽だったり小説を書いたり絵を描いたりとか色々あり、そのように生きている方もいるでしょう。例えば、これが「学生だったら」という前提だったら。時間もありますし自分がどこまでできるかひたすら試し続けるのもいいでしょう。今回のテーマとしては「20代後半に差し掛かった時」。これから続く長い人生の中、自分がどこまでできるのかある程度諦めも含んだ見通しを立て、何かしら今までの中でつまづきがあればもう繰り返さないよう安定した職種を選ぶ。もしくは自分のできる限界ギリギリまで攻めて攻め続ける。色々あると思います。僕個人の意見としてはあんまり未来のことについては分からない境遇なので、今日を良くしたいし、その今日を犠牲にしてまであまり未来は重要視したくないなと言う所です。今日を良くすることの積み重ねが結果に未来が良くなることもあるかもしれないですし。

スピった感じになりましたが最後に今回のテーマにピッタリな曲を1曲。SMAPの11thアルバム収録の「Everything is cool」。マイナーな曲でありインターネット上で聴く手段はないんですがアルバムはレア盤というわけでもないので探せば見つかるでしょう。ちなみに作曲はDaft Punk「Get Lucky」にも参加していたナイル・ロジャース御大。

Everything is Cool ひとつだけ

ウワサになろう So Easy

Everything is Cool 街角で

ウワサになろうよ Someday

今日はとれかかった

シャツのボタンつけ直したよ

おもしろ 楽しい

それだけじゃ自分磨けない

もっと好きなこと

ムキになって掘り下げるんだ

いつか世の中が

才能を無視できなくなる

Everything is Cool どうせなら

ウワサになろう So Busy

Everything is Cool 秘めている

ウワサになるイメージ


 

普段のMOGAKUは知的欲求心を刺激し、カルチャーをサーフするあなたにピッタリのエントリが日々更新されています。Twitterに登録されている方はMOGAKUアカウント(@MOGAKU_blog)をチェックしてみてください。

maezono

maezono

過剰な自意識にもがく日本語曲DJ

http://djmaezono.com/
maezono

Latest posts by maezono (see all)


No Responses